水漏れになる原因

水道で水漏れが起きてしまう原因はいくつか考えることができます。たとえばハンドルや接合部から水漏れしている場合は、ナットやボルトがゆるんでいる可能性があるでしょう。あるいはパッキンやバルブといった内部のパーツが劣化している可能性もあります。

吸水口から水がずっと漏れていることもあります。これは吸水口にあるフィルターやカートリッジといった部分が汚れている可能性があるでしょう。普通は網目状のフィルターが設置されていることが多いのです。この部分が汚れてしまうことがあります。

配管やパイプの付け根から水が漏れていることもあります。これはナットがゆるんでいたり、内部パーツが劣化していたり、フィルターやカートリッジが汚れていることがあります。どのような原因にしてもしっかりと分解しなければ確認することはできません。

蛇口の付け根の部分から漏れていることがあります。これはねじ巻き部分が劣化していることや、配管の内部につまりが生じていることがあります。

このようにさまざまな原因を考えることができるのです。実際に修理する際には何が原因となっているのかを探りだして、その問題を解決していくことになるでしょう。自分でもある程度原因を突き止めることは可能です。